もてる女になりたい

「冷たい、暗い、太っている」がもてない女の3大要素ですが、もてる女の条件は「清潔感、愛嬌、男を褒める、出会いの数」になります。

  

トークができないともてない

どんな婚活イベントでも人気がある人とない人に分類されます。人気がある人には一定の条件がありますが、人気がない人のほうが特徴的です。

まずは「相手の内面を見ない」人は男女問わず、あまり好まれません。婚活パーティーのようなイベントでは、限られた時間の中で出会いを見つける必要があるため、1人1人に使える時間はごく僅かですが、表面的な条件ばかりを聞いて値踏みをするような人は、間違いなく人気がないです。

具体的に言えば、初対面でいきなり相手の職業、会社名、年収、家族構成などを聞いて、それが自分なりの条件をクリアしていないとあからさまに態度が悪くなり、無視をして次の相手を探しに行くようなタイプの人です。

経験上、こういうタイプは女性に多いです。確かに条件を明確にしておいて、理想的な相手を探すのは確かに効率的かもしれません。もちろん男性にもいますが、男性の場合は年齢や見た目で判断する傾向が見られます。

しかしながら、その人の性格や相性などの内面的な要素は一切気にせずに、表面的な条件だけで判断して会場をさまようようなタイプに、異性に粗雑な印象を与えます。こういう人にはイベントに行けば必ず数人遭遇しますが、男性とのカップルが成立することはまれです。

次にもてない人の特徴は「会話ができない」です。内面を見ない人と同様に、相手との距離は遠くなります。これは婚活に限ったことではないですが、相手との会話がうまくできない人は著しく人気がありません。

会話ができない人にもいくつかタイプがありますが「相手の話を聞かない人、相手の言うことを認めない人、そもそも会話自体ができない人」が目立ちます。

相手の話を聞かない人は、自分のことばかりを話して、相手のことに興味がないタイプです。男性であれば、自分の仕事などの自慢話や聞いてもいない自分の夢の話、女性であれば、自分の理想の結婚生活のようなことを次々と話します。こちらが何か話そうとしても流すほどです。

相手の言うことを認めない人は、一応相手に話をさせるですが、その言葉尻をとらえてすべて否定していくタイプの人です。自分の経験では、30代後半以上の年齢の女性に多いです。

男性が自分のことを話しても、自分の考えと異なれば「それは違う」と否定して持論を展開するため、相手は余程の人格者でなければ離れていきます。

会話自体ができない人ももてない女性に多いです。相手の話を聞かない人や相手の言うことを認めない人とは逆のタイプで、内気過ぎて異性に近づきません。

中には相手と目を合わせられないレベルの人も結構います。男性と話をしたいために、気になる人の近くには寄っていくのですが、自分から話しかけることはないですし、男性側から話しかけても目を合わせずに話もままならないために、成果を得ないままイベントが終わります。